カテゴリ:NEWS( 587 )

ANTIQUES EARLY BIRD

c0048515_22135746.jpg
今期の商品が店頭展示並びに倉庫入荷しました。
今回は教会を解体して入手した天井材、シーリングティンを中心に
1800年代の家具、調度品等も含めた店頭入荷となります。
今回はオールドランバー(古材)も通常の入荷と比べて種類も豊富になります。
また、3月25,26日は埼玉県にて開催のイベント、ANTIQUES IN HILLTOP FARM
へも出展致します。関東近郊のお客様は是非ご来場いただければと思います。
今期も様々な材料・資材そしてアイデアを通じてより多くの皆さまとお会いできるのを
スタッフ一同楽しみにしております。


[PR]
by earlybirdantique | 2017-03-23 22:28 | NEWS

ANTIQUES EARLY BIRD

c0048515_13213116.jpg
日々グローバル化が進む中、情報というのは必要不可欠なものであり
必要な情報というのはその場その時間に自分の身を置くことではじめて得ることが出来ると考えます
よって弊社が主として扱う商材を買い付けるアメリカは勿論のこと
ヨーロッパ、アジア諸国といった場所にも機会があれば「情報」を求めて出向きます
「今まで」の常識がことごとく覆されていくであろうという流れの中で
「今まで」しか知らないよりも「これから」を求めて貪欲に情報をかき集め
そして未来に向けて残せるもの、そしてこれから世界で通用する「常識」というものも体感していかねば
ならないのでは と
勿論、その「常識」の中にはいつの時代も揺るがないものもあるとおもいます
我々が小さいながらも大事にしていきたいのは人との繋がりであり、それはご支持頂いている
お客様はもとより、お取引頂いている業者様や世界中で出会う様々な人々に至るまで

表現という部分では店舗や企画現場然り自社企画する催しも然りで、今後を見据えた仕掛けやコンセプトを
立ち上げて挑むものの、そこには揺るがぬ理念があり未来に向けての目標も抱きながら

アンティーク屋という肩書に囚われることなく今以上に貪欲に未来を見据え、
且つ「今」の市場に向けて様々な企画や仕掛けを生み出すことが出来ればと考えます


[PR]
by earlybirdantique | 2017-03-06 14:06 | NEWS

PROCESS-EARLY BIRD CO.LTD-

c0048515_12092948.jpg
モノの購入動機は様々であって良いと思いますし、これが正解、はないとも考えます。
ただ、ここ10年の間に目まぐるしい勢いでインターネットの普及も進み、その購入動機や基準も多岐にわたって
変化しているだろう、と。
価格や種類の多さで、判断基準も非常に便利で使いやすいとも思います。
しかし全てがすべてそれがあてはまるとも限らない。
人が実際に見て、触れ、感情が動くことで価値が評価されていくものもあるということで。
その「人」は決して一人称ではなく、人対人で生まれるもの。
そこで生まれる会話や繋がり、そして信頼というものがすべての土俵作りでありプロセスであると。
モノが売れる という結果は同じでも、そのプロセスを経ているかどうかで大いに違いは生まれると思うのです。
我々が重んじたいのは根拠のないハイセンスなものではなく、時間はかかれどその方たちと共に共有・共感してきたプロセスです。




[PR]
by earlybirdantique | 2017-02-19 13:19 | NEWS

EARLY BIRD CO.LTD

c0048515_12253590.jpg
「自社商品・資材にスタッフそれぞれが敬意をはらいながら
新たなひらめきやアイデア・表現を通じて国内外の人々の
価値観に革新をもたらす」

ことを理念に日々スタッフそれぞれがクライアントのもとへ、または店頭でご提案しています。
扱うものもそれぞれに個性があり、長年の歳月人々が「価値がある」という情緒的な理由で現代にまで残されてきたものであり。
ヒトが作り上げた価値観だからこそ、物量や価格といった物質的な理由でセールスをする手法は選ばず。

「クリエイティブ」な方向へと偏りがちな市場なのかもしれませんが、会社として大切にしているのは「プロセス」。
ハイセンスなものを否定するわけでも何でもないのですが、それ以上にこの市場は納得感が求められるとも思います。
それくらいに一方通行な市場で、売り手がつけた価格に対して「そんなはずはない」と言えるものではなく。ならば
それらを提案・販売しているヒトそのものを信用頂き、信頼を得ることが最優先では、と。

価格には価格で、物量には物量で新たな市場やニーズが次々と生まれてくるのも宿命だとは思います。ただそれは市場の質を上げる
直接的な理由にはならないと思うのです。
万人が万人を、不特定多数を丸呑みするような大それたことは出来ないし、求めてもいませんが、我々のもつ「特化した層」の方々
に喜んでいただき感動してもらえる「環境」は自分たちのステージでもあり。
そのそれぞれの自己表現の為の武器としてこの店に並ぶ商品があるととらえてます。

お客様が買い物をされる。自宅、店舗、会社とそれは様々ではありますがそれらは少なからずの自己投資であって。
それを自己投資として見るのであれば、その投資家様に投資をして頂けるような納得感を作り上げなければならないと考えます。

まだ13年程度の歴史しかない弊社ではございますが、店舗及び関連会社、及び自社企画のantiquing.を通じてより多くの
方々へ向けて「革新」をもたらすことが出来るよう、スタッフ一同お待ち致しております。


[PR]
by earlybirdantique | 2017-02-12 17:11 | NEWS

2.1 barnwood supply co.

c0048515_14371379.jpg
c0048515_14372833.jpg
barnwood panel


弊社にてストックしているバーンウッド(ヴィンテージ建材)をパネル状に薄く加工した商品です。
材料自体は加工せずとも充分そのままご使用頂けますが、施工現場によっては表情は活かしつつも治まりはきちんとしたものを求めたくなるケースもあります。
そういうケースの際には非常に使いやすい加工材料としてお勧めの商品です。
弊社も幾度となく様々な企画施工をさせて頂いて来ておりますが、マンションの共用部や住宅天井や壁面の施工時には当材料を用いることも多いです。
こちらの材料サンプル以外にも弊社ショールーム兼ショップのantiques early birdに於いてご覧いただけます。
遠方のお客様には材料サンプルをお届けすることも可能ですのでお問合せ下さい。
antiques.earlybird@gmail.com

[PR]
by earlybirdantique | 2017-02-01 14:53 | NEWS

1.29 antiques earlybird

それぞれにそれぞれの分野に於いての概念があると思います。アンティーク屋はこうあるべきといったものもあるのかもしれません。
ただ、そういった概念と自分たちの会社の理念が必ずしも一致するわけではなく。勿論概念をつぶすとか関係ないといった不毛で攻撃的な態度を取るつもりはありませんが、
やはり突き動かすのは自分たちで掲げる理念であって。そこには揺るぎない根拠と、この場所やこの武器を使ってどういった人々へ向けて何を届けようとするのかといったより具体的なものを持ちながら、先を見据えて岩のような顔をして働かせてもらうべきだと思います。
所謂イメージだけでの店を構えたいわけでもなく、憧れにまみれた世界観でご覧頂きたいわけでもない。海外で建物を解体してサルベージしてきたそれらの資材や材料というのは、下手に裾を広げてまで売ろうとする単なる商材ではなく。少なからずのリスペクトと共に、我々日本人ならではの価値観と美意識をもって新たな場所でその魅力を引き出すことが出来ればと思うのです。もともとが何であったのかが重要なのではなく、それが何年代だから、どこの国だからというのも関係ない。
なかなか手に入らないモノかどうかは所詮自分の物差しでしかないので、それが武器になるでもない。
大事なのは自分が人にモノと伝えようとする手段であり、且つその方々にとっても自己の価値観を表現するものでなければ意味がない、と。

c0048515_14110055.jpg

[PR]
by earlybirdantique | 2017-01-29 15:02 | NEWS

1.28 antiques earlybird

c0048515_13095484.jpg
店舗屋でも工務店でもないので、自社のショールームで価値観や美意識を共有できる方々と出会い、ご依頼いただければ粛々と企画や施工のお仕事をさせて頂きます。モノを売る、壁を貼る、棚を付ける、そういった行為の中にそれぞれのクライアント様を第三者的な目で見ることで本当に必要であるであろうことをご提案。言われたままの、想像通り、希望通りのモノを作るのであればこんな店も人も必要ない。少なからず一念発起で自らの空間に投資をするクライアントだからこそ、ましてやそういう方々にご用命頂くからこそ技術的なことでも物理的なことでもない、ヒトと向き合って仕事をさせて頂きたい。時間もかかれば労力もかかる。でもそれは当然のことであり、こんな小さな会社であっても「住」に携わる仕事をしているからこそ、ヒトの空間をオモチャにしてはいけない。その時だけの、一瞬の楽しさだけで満足するようなものであってはならないと思うのです。

様々な「住」に対する価値観が溢れかえる今だからこそ、選ばれよう、選ぼうという流れになるのも致し方ないとは思います。判断基準が価格であったり物量であったりというものになることもあると思います。画面やスマホを睨みつけるように探し当てたその先に、自分投資として本当の「財産」は生まれるのか、と。アメリカを売りにするでもなければ、アメリカが大好きでアメリカ人みたいになりたい店でもありません。たまたま旅先で出会ったその世界が、自分を表現しそれを人に伝えるのに最適な武器であったに過ぎません。宝探しをしてきたかのように振舞うつもりもなければ、宝探しを楽しめる店を作ろうともしていません。

本当の宝はその方々に今日出会い、そしてその方たちの思い描く自己表現の場としてのその空間を作るお手伝いをさせて頂けるということ。






[PR]
by earlybirdantique | 2017-01-28 13:46 | NEWS

1.27 antiques earlybird

c0048515_22065740.jpg

様々な住宅やお部屋の改修の企画や施工をさせて頂く機会が非常に多く。アンティーク屋がつくる部屋だからこそ、下手にアンティークにまみれた、アメリカ被れみたいな提案はしないようにしています。
一軒家や分譲マンションの場合は施主様の性格や美意識、そして家族構成に家族全体の未来を予測しながら様々な角度からご提案しています。かっこよければ、見映えよければ、ではなくあくまでも人ありきで作り上げるのがその空間。
たとえそれが賃貸マンションのワンルームであったとしても、そこに住む人をイメージしながら良い意味でのニュートラル感を残します。
押し付けがましい、スタイルの強要めいたスタンスではなく、住む人が更にそこから自らの発想力や発見を通じて無理なく心地よい空間作りができる入り口を作るように心掛けています。


[PR]
by earlybirdantique | 2017-01-27 21:53 | NEWS

antiques earlybird

当社は10年以上のアメリカ現地での経験をもとに、海外の古建材、資材を現代の住空間及び商空間といったお客様の自己表現の場にふさわしい内容で届けております。
国内においては弊社材料をお取り扱い頂く業者様はもとより、弊社にて企画・施工をさせて頂く機会も非常に多く、県内外のお客様方よりご支持頂いています。
「モノありき」といった物量や価格ありきの物理的な要素のみを全面に押し出すのではなく、あくまでも情緒的要素を併せ持った商品であるがこそ、「ヒトありき」での営業にこだわり続けています。
昨今のアンティーク、古物市場の流行や人気とは裏腹に、本来は間口が狭く奥行のあったモノがそれらの流れと共に所謂ひとつの商材としてだけ広く浅く取引されるのではなく、それぞれのもつストーリーや背景を含めた本来の価値をベースに、我々の提案する「新たな概念」を独自の表現と共に感じて頂くことで唯一無二の価値あるものとして世に提供できればと考えます。
異国の地で古い建物をサルベージ(救済)することで出る資材・部材に建具に調度品。建物ごとを買い付け、解体することでしか手に入らないのは「物品」だけではなく。
この一連の動きを通じて弊社が伝えたいのは安っぽいリサイクル精神でもなく。ましてや「アンティーク」や「アメリカ」といった飾り言葉に頼った市場に物を投入したいわけでもありません。サルベージされたこれら資材を、それぞれの価値観そして美意識に基づいた「自分スタンダード」を貫いている方々へ届け、そしてそういった人々に今以上に我々の価値観も届けていきたいと切に願います。
c0048515_15125315.jpg


[PR]
by earlybirdantique | 2017-01-27 17:53 | NEWS

10.21

c0048515_931254.jpg


ANTIQUES EARLY BIRD

現在企画施工業務多忙の為、ショールームANTIQUES EARLY BIRDはご予約制となります
ご来店ご希望のお客様、各種業者様に於かれましては各担当者または下記メールアドレスへ
お問い合わせ頂きます様お願い致します。

antiques.earlybird@gmail.com
[PR]
by earlybirdantique | 2015-10-21 09:33 | NEWS

SALVAGE ELEMENTS

by earlybirdantique