journey

c0048515_12401993.jpg
もっとシンプルであって良いのでは、と。
もともと簡単なことを難しい顔をした方々が難しいことのように。
感覚に訴えるものであって、講習会やレクチャーを受けて云々というものではない、と。
所謂「きまりごと」は後から勝手に誰かが作り上げたものに過ぎないから、
大事なのは自分の感覚や経験、そして引き出しをもってして
ご依頼いただく方に向けていかに感動して頂けるかで
且つそのご依頼いただいた方の感覚やメッセージを外部に向けてきちんと伝えれる環境を
つくることで。
リノベーションでも民泊でもなんでも良いのですが、理屈にまみれることで
自然と「これが正解」というよくわからない基準が生まれ
仕舞には表彰までされてしまうものになって。
アンティークという業界に於いてもモノが溢れ、その選定基準をはじめ
業界のレベル自体が末広がりになる一方、次に向けての具体的な何かが見えているわけでもない。
行ったり来たりを繰り返しながら結局同じことの繰り返しな状態でもある、と。
物売りである以上、モノを売らないと話にはならないのは当然のことですが
その過程や仕組みに特段なにかしら変革があるわけでもなく
既成のマーケットにモノを次々に放り込み続けることで当たり前のように
似たり寄ったりの市場になり。消費者側のもつ情報やトレンドにしがみついているだけの
夢のない世界にしてはいけない、と。
モノや店が集まり、そこに人がわんさか集まり...大事なのは「そこから」だと。
様々な諸問題はあれどボーダーレスになりフラット化が進む世界の中で
所詮海外の真似事は淘汰され 一層のオリジナリティが求められる時代へと。
「手柄」を求めるよりも自分や自分たちの現状に満足することなく
欲深くブラッシュアップすることで、これから必要とされる「モノ」ではなく
必要とされる「ヒト」を追求すべきではないか、と。


[PR]
# by earlybirdantique | 2017-09-14 13:26 | NEWS

antiques earlybird

雨の少ない梅雨時期。
暑い中遠方よりお越しいただけるお客様には感謝です。
弊社もスタッフそれぞれが各企画・現場へと赴き、日々慌ただしくさせて頂き。
モノやスタイルだけを求めることを理念とはせず、姿勢や過程といった部分に
重きを於くことでご支持頂ける方々に向けてしっかりとお仕事させて頂ければと思うのです。
ショールーム兼ショップであるantiques early birdもいつもながらにその
「表現」は変わり続けています。
流行り廃りに左右されるのは「モノ」ではなく
まぎれもなく「ヒト」であると考える為
やはり「ヒト」ありきで成り立つステージを
更に上へ上へとステップアップさせるためにも
絶ゆまぬ企業努力も含め、スタッフ一同皆様とお会いできるのを
楽しみにお待ちいたしております。
c0048515_11413143.jpg

[PR]
# by earlybirdantique | 2017-06-18 11:53 | HELLO!

ANTIQUES EARLY BIRD

c0048515_22135746.jpg
今期の商品が店頭展示並びに倉庫入荷しました。
今回は教会を解体して入手した天井材、シーリングティンを中心に
1800年代の家具、調度品等も含めた店頭入荷となります。
今回はオールドランバー(古材)も通常の入荷と比べて種類も豊富になります。
また、3月25,26日は埼玉県にて開催のイベント、ANTIQUES IN HILLTOP FARM
へも出展致します。関東近郊のお客様は是非ご来場いただければと思います。
今期も様々な材料・資材そしてアイデアを通じてより多くの皆さまとお会いできるのを
スタッフ一同楽しみにしております。


[PR]
# by earlybirdantique | 2017-03-23 22:28 | NEWS

ANTIQUES EARLY BIRD

c0048515_13213116.jpg
日々グローバル化が進む中、情報というのは必要不可欠なものであり
必要な情報というのはその場その時間に自分の身を置くことではじめて得ることが出来ると考えます
よって弊社が主として扱う商材を買い付けるアメリカは勿論のこと
ヨーロッパ、アジア諸国といった場所にも機会があれば「情報」を求めて出向きます
「今まで」の常識がことごとく覆されていくであろうという流れの中で
「今まで」しか知らないよりも「これから」を求めて貪欲に情報をかき集め
そして未来に向けて残せるもの、そしてこれから世界で通用する「常識」というものも体感していかねば
ならないのでは と
勿論、その「常識」の中にはいつの時代も揺るがないものもあるとおもいます
我々が小さいながらも大事にしていきたいのは人との繋がりであり、それはご支持頂いている
お客様はもとより、お取引頂いている業者様や世界中で出会う様々な人々に至るまで

表現という部分では店舗や企画現場然り自社企画する催しも然りで、今後を見据えた仕掛けやコンセプトを
立ち上げて挑むものの、そこには揺るがぬ理念があり未来に向けての目標も抱きながら

アンティーク屋という肩書に囚われることなく今以上に貪欲に未来を見据え、
且つ「今」の市場に向けて様々な企画や仕掛けを生み出すことが出来ればと考えます


[PR]
# by earlybirdantique | 2017-03-06 14:06 | NEWS

PROCESS-EARLY BIRD CO.LTD-

c0048515_12092948.jpg
モノの購入動機は様々であって良いと思いますし、これが正解、はないとも考えます。
ただ、ここ10年の間に目まぐるしい勢いでインターネットの普及も進み、その購入動機や基準も多岐にわたって
変化しているだろう、と。
価格や種類の多さで、判断基準も非常に便利で使いやすいとも思います。
しかし全てがすべてそれがあてはまるとも限らない。
人が実際に見て、触れ、感情が動くことで価値が評価されていくものもあるということで。
その「人」は決して一人称ではなく、人対人で生まれるもの。
そこで生まれる会話や繋がり、そして信頼というものがすべての土俵作りでありプロセスであると。
モノが売れる という結果は同じでも、そのプロセスを経ているかどうかで大いに違いは生まれると思うのです。
我々が重んじたいのは根拠のないハイセンスなものではなく、時間はかかれどその方たちと共に共有・共感してきたプロセスです。




[PR]
# by earlybirdantique | 2017-02-19 13:19 | NEWS